HOME外構・エクステリアまめ知識ことわざ >うだつが上がらない

うだつが上がらない

「うだつ」とは小柱、防火壁、または装飾として日本家屋の屋根に取り付けられモノ

『うだつが上がらない』

 

出世したり地位があがらないこと。金銭に恵まれないこと。よい境遇になれないこと。

 

「うだつ」とは小柱、防火壁、または装飾として日本家屋の屋根に取り付けられています。

 

本来は梲と書いていましたが、室町以降に卯達・宇立などの字があてられるようになりました。

 

本来は梁の上に立てる小さな柱を指していましたが、 後に切妻屋根の隣家との間についた小さな防火壁で

 

1階屋根と2階屋根の間に張り出すよう に設けられているものも「うだつ」と呼ばれるようになりました。

 

本来は町屋が隣り合って連続して立てられている場合に隣家からの火事が燃え移るのを防ぐための防火壁と

 

して作られていましたが、 江戸時代中期になると装飾的な意味に重きが置かれるようになります。

 

そのため自己の財力を誇示するための手段として、特に商家の屋根上には競って立派なうだつ が上げられました。

 

うだつを上げるのはそれなりの出費が必要であり、これを上げている家は裕福な家に限られていました。

 

これが「うだつが上がらない」という意味の慣用句の語源になったのではと考えられています。

 

「うだつ」の意味を知っていることで街並みを見る目も変わってきそうです。

 

地元や旅先でいろいろな「うだつ」を探してみるのも面白いのではないでしょうか。