HOME外構・エクステリアまめ知識ことわざ >隣の芝生は青い その②

隣の芝生は青い その②

「自分の芝生は青い」を実現させてみませんか。

芝は日本芝と西洋芝に大別できます。

西洋芝は日本の夏の暑さに耐えられないため、日本芝が適しています。

ノシバ、コウライシバ、ヒメコウライシバ などがあります。

 

●芝刈りのタイミング

3~4月・・・軽く刈る程度。

4月以降・・・月1度。

7~8月・・・月に2、3度。  

9~10月・・・見苦しければ刈る程度。

刈るときはよく晴れている時。

雨の後のまだ芝の根元が濡れている状態で芝刈り機を使うのは危険であり、また仕上がりが汚くなります。 刈った後は必ず肥料をあげましょう。

 

●根を切り、目土を入れる

通気を図り、蒸れをなくすのが目的です。

4月から8月は隔月程度でおこなうとベストです。また目土は雨風に洗われてむき出しになった根の保護にために入れます。年に2、3回程度で大丈夫ですが、目土を入れる前には芝生を短めに刈りそろえ、大きめの枯れ葉などは取り除いておきます。目

土は園芸店で売っています。ザルなどに目土を入れ均等になるように芝生の上にまきます。

 

●除草

春先の草むしりは特に重要です。除草剤を使うのも一つの手段ですが、芝生の上で寝転がったり、遊んだりする機会がある場合は大変ですが、手作業が良いと思います。ただ高温の時期は涼しい時間帯で、熱中症対策をしてから作業してください。 秋が深まれば芝は休眠状態に入るため、気になったら草むしりをする程度で、その他の作業は翌年3月ごろまでまではお休みとなります。

 

 手入れの行きとどいた芝生の絨毯は美しいものです。

手間暇や労力をかければ確実に芝生は応えてくれます。

 

「自分の芝生は青い」を実現させてみませんか。