HOME外構・エクステリアまめ知識ことわざ >『指金』(さしがね)

『指金』(さしがね)

曲尺(かねじゃく)ともいいます。

L字形をした重要な大工道具のひとつで指矩とも書き、曲尺(かねじゃく)ともいいます

 

直角や勾配を出したり、長さのほかに円周率や平方根の数字が刻まれていて、部材加工には欠かせない、

 

いわば非常に優れた物差しのことです。

 

陰で人をそそのかして操る場合に

 

「あいつのさしがねに違いない」

 

のさしがねは、蝶や鳥などを操る歌舞伎の小道具からきています。