HOME外構・エクステリアまめ知識ことわざ >『門前市を成す』(もんぜんいちをなす)

『門前市を成す』(もんぜんいちをなす)

門の前にまるで市でもひらいているかのように、次から次へと人や馬車が集まり賑わうこと

門の前にまるで市でもひらいているかのように、

次から次へと人や馬車が集まり賑わうことから、

「その家を訪ねてくる人がきわめて多いことのたとえ。

また、

商売が繁盛してたくさんのお客で賑わっていること」 

そもそも門とは敷地と外部を区切る塀や垣に通行のために

 

開けられた出入口のことで、外構の一種です。

 

さて、沖縄では古来より住宅の門の内側に1枚壁のようなもの

 

を構える習慣があり、 これを「ひんぷん」といいます。

 

これは中国より伝わるもので屏風(ビンフォン)から由来 して

 

 

いるそうです。

 

これは外からの目隠しという実用的な役目と、 外から魔が入ってくることを防ぐという意味が込められています。

 

 (邪悪なモノや悪霊は角を曲がることが苦手であり、 真っ直ぐ家に飛び込んでくるために ひんぷんを構える

 

ことにより撃退するという考えです)

 

現在も沖縄以外でも住宅に ひんぷんを取り入れる人が増えているそうですよ。