HOME外構・エクステリアまめ知識その他 >日光と上手にお付き合い

日光と上手にお付き合い

いかにして日光を上手に取り入れたり遮断できるか

地球上の生物は太陽により発生して、進化を遂げてきました。

 

人間も同じであり太陽の影響を受けています。

 

しかし、近年は紫外線が人間に及ぼす悪影響が取り上げられています。

 

また、地球温暖化への懸念や東日本大震災以降は特に節電に関心が集まっています。

 

冬場や夏場に少しでも電力を消費せず、快適に暮らすかが大きなポイントで、

 

それには

 

『いかにして日光を上手に取り入れたり遮断できるか』が重要です。

 

 人は建物においては暗い方よりも明るく開放的な場所を選びます。

 

ただ、あまりにも開放的では日当たりが良すぎる場所は壁や床、家具やカーテンが変色してしまう

 

色やけが起きてしまいます。

 

太陽がもたらす光を上手に取り入れて日射に含まれる紫外線をなるべく遮断すること。

 

手っ取り早くできる方法としては遮光性の高いカーテンやすだれを取り付けたり、

 

窓ガラスに遮光フィルムを張ったりがあります。また夏場はつる性植物を窓の外に這わせる方法などもあります。