しめ縄

用途や地域によってしめ飾りは様々な種類があります。

しめ飾りはお正月には欠かせないものです。

 

しめ飾りは、しめ縄に縁起ものなどの飾りを付けたものをいいます。

 

代表的なものが、神様の降臨を表す「紙垂」(かみしで)、清廉潔白を表す「裏白」、家系を絶やさず子孫繁栄

 

を願う「譲り葉」、代々栄えるように願う「橙」などが付けられます。

 

しめ飾りは、自分の家が年神様をお迎えするのにふさわしい場所であることを示すために始まったといわれて

 

います。

 

しめ縄やしめ飾りを施すことで、その内側が清らかな場所となり、年神様が安心して降りて来てくださるという

 

わけです。  

 

飾るのは12月13日のすす払い(大掃除)が終わり、年神様をお迎えするのにふさわしい場所になってからでした。

 

このため12月13日を正月始めといい、正月準備を始める目安となっています。

 

現在はクリスマスが終わってから正月準備を始める家庭も多くなっています。

 

目安としては、28日までに飾るといいとされています。

 

29日は「二重苦」や「苦」に通じるとして縁起が悪いとされ、31日も一夜飾りになるとのことで、避ける風習が

 

ります。

 

用途や地域によってしめ飾りは様々な種類があります。

 

基本的には、年神様を迎える玄関先や神棚に飾りますが時を経てだんだん簡略化されてきています。

 

でもかまど神や水神など様々な神様を祭る場合もあり、実に多種多様です。地域や家のしきたりに従うのが

 

ベストでしょう。