HOME外構・エクステリアまめ知識その他 >上座と下座の見分け方

上座と下座の見分け方

おもてなしをする心

車内や室内における席次や席順には、目上の人や年長者に対する敬意や来客に対しておもてなしをする心が込め

 

られています。

 

目上の人やお客様にはできるだけよい席に着席していただくものです。

 

その部屋において最もよい席を「上座」(かみざ)といいます。逆に目下の人や接待をする側が座る席を「下座」

 

(しもざ)といいます。

 

迷ったときは「その席でより安全で心地よい席」と考えるとわかりやすいです。

 

見分け方の基本は「上座は入り口から一番遠い席が上座である」

 

和室・・・床の間の前の席。

 

洋室・・・飾り棚などに近い席。

 

椅子・・・ソファーとアームチェアーでは、ソファーが上座。

 

車内・・・タクシーや運転手付きの乗用車では、運転席の後ろが上座。後部座席に3名で座る場合は、真ん中

              の席が一番の下座。