HOME外構・エクステリアまめ知識その他 >カーペットもインテリアのアイテム

カーペットもインテリアのアイテム

部屋のコーディネート

床がフローリングの場合、カーペットが重宝します。

 

カーペットを利用する用途としては、第一に寒さ対策。

 

冬場の朝に目覚めてフローリングに素足をつけると冷え切っていてとても冷たいものです。

 

そのため、足を下ろすベッドの横、ベッドの下など、家中どこでも寒さ対策のカーペットは重宝します。

 

もうひとつの利点は音を吸収してくれること。

 

特にマンション暮らしでは、階下に音が響かないよう気を使いますが、小さなお子さんがいるとなかなか難しい

 

ものです。

 

でも、カーペットを敷くことでしゃべる声や遊んだ時にたてる音もフローリングのみと違い、反響が起こらず静かな

 

空間になります。

 

頻繁に使う廊下などは、床のすり減りやキズを防ぐために有効です。

 

リビングのテーブルの下などフローリングを汚しやすいところに敷いてもいいでしょう。

 

カーペットはさまざまな種類があります。

 

特徴を確認して生活にあったものを選ぶことが大事です。

 

そして実用性だけでなく、インテリアのアクセントとするとより部屋が素敵なものになります。

 

部屋のインテリアはベーシックカラーでまとめ、差し色としてカーペットを敷くのもありです。

 

部屋に色々な色があるようなら、その部屋の主な色がどれも組み込まれているカーペットを選べば部屋の

 

インテリアにまとまりができます。

 

逆に先にお気に入りの色合いのカーペットをみつけて、それに合わせて部屋のコーディネートをする方法も

 

あります。