HOME外構・エクステリアまめ知識その他 >季節ごとにカーテンを変える

季節ごとにカーテンを変える

部屋の雰囲気を大きく変えます。

カーテンは人の目線や日差しを遮るという実用的な理由で使いますが、インテリアのアクセントにもなります。

 

カーテンは平面としての面積が広いため、部屋に与えるインパクトは大きいものです。

 

色、質感ひとつで部屋の雰囲気を大きく変えます。カーテンはオーダーで作れば出費も気になり、そう簡単に

 

作り直しもできないため慎重に選びたいものです。

 

寒さ対策であれば窓より少し長めにします。

 

西欧ではカーテンの下に重石をつけ、カーテンが揺れずに床にストンと落ちるようにして、冷たい風が通るのを

 

防いでいます。

 

京都の町家は6月になると人間同様に衣替えをします。

 

ふすまを風通しのよい葦戸(よしど)に変え、畳の上には網代(あじろ)を敷いて暑い夏に備えます。

 

これにならってカーテンも衣替えを。

 

厚手で遮光性の高いカーテンは日差しの侵入も防いでくれますが、ガーゼのような質感の薄手のカーテンを

 

付けると、風が部屋を通る時にカーテンが揺れることで、目に見えない風を感じることができ、涼しさを演出し

 

てくれます。

 

もちろん窓の外は緑のカーテンやよしずなどで遮光対策を怠りなく。